【内向型・HSP】〇〇が分かると、対人関係の苦痛が激減する

「変わりたいのに、変われない」そういった悩みを解決に導く 
内向型・HSP専門カウンセラー とうげもとこ です。


対人関係が苦手な人いませんか?

対人関係が苦手な人の話を聞いていると、
「相手との距離感が分からない」とおっしゃる方が多いです。

近づきたくないのに、距離を取ることができず、
気を遣ったり、ご機嫌とったり、
相手から支配されたり、鬱憤をぶつけられたり…

人に近づきすぎて、
こうあって欲しい、こうして欲しいと願って、
それが叶えられなくて落胆したり、怒りになったり。


そんな対人関係が苦手な人に身につけて欲しいものは、
相手との適切で健全な距離感
です。

適切な距離感が分かってくると、自分にとって居心地がよい居場所ができ、
今よりもっとリラックスした毎日を過ごせ、自由になってきます。

では、適正な距離感はどんな状態かというと、
「私は私。あなたはあなた」と境界線がキチンと引けた状態です。


今日は、1つ詩を紹介します。

ドイツの心理学者フリッツ・パールズさんの
「ゲシュタルトの祈り」という詩ですが、
人との健全な距離感を表した、素晴らしい詩です。

ゲシュタルトの祈り

私は私のことをします
あなたあなたのことをしてください

私が生きているのは
あなたの期待に応えるためではありません

あなたもまた、私の期待に応えるために
生きているのではありません

あなたあなた、私は私

もし、私たちの心が通じ合わなくても
それは仕方のないことです

そして、私たちの心が
たまたま通じ合うことがあれば
それは素晴らしいことです


私はこの詩のポイントはこの2つに集約されてると思っています。

 ポイント① 相手の期待に応えなくていい(自己犠牲しない)

 ポイント② 相手に期待しすぎない(他人を尊重する)


私はクライアントさんに、問題になっている人の名前を、
この詩の「あなた」の部分に入れて読んでもらっています。

そうすると、その人との距離感に気付きます。

「期待に応えなくていいんだ」と、
救われたり、ホッとした気持になるなら、
あなたは今、相手の期待に応えすぎかもしれません。

あなたはその人から距離を取っていいんです。
自分を大切にしてあげてください。

「期待に応えてもらいたい」と寂しく感じたり、
「期待に応えさせようとしてた…」とバツが悪い感覚があるなら、
相手をコントロールしようとしてる可能性があります。


その人にはその人の生き方、価値観、自由があると、
相手の人生を尊重してあげてください。

そうすることで、あなたも相手も、幸せになっていきます。


私はプライベートでの人間関係でモヤっとしたものを感じたら、
このゲシュタルトの祈りを声に出して読みます。
(頭の中でなく、声に出した方が、潜在意識から体感に響きます)

「自分の気持より、相手の期待にこたえようとしてたな」と気づいた時は、
距離を少しとって、自分を大切にすることを、意識して過ごします。

「こうした方がいいから!」と、おせっかい心が湧いてるなと気付いた時は、
余計なお世話だよなと思い、相手の人生を信じ、応援しながら過ごします。
(自分の考えや意見などは、相手にそっと届くように伝えますが)


人との距離感に気が付き、自分でコントロールしていくと
「私は私らしく、自由に生きていい」
そう言った軽やかな信念が深く入っていきます。

人間関係が苦手な人は、是非、人との距離感を見直し、気づいてくださいね。