【内向型・HSP】「すべて自分のせい…」強い自己否定を終わらせる第一歩

「私が悪い…」
「私が弱いせい…」
「私なんていなければ…」

こういった「すべて自分のせい…」の思いで苦しんでいる人いませんか?

この思い、自分に対する強い自己否定が前提になっているので、感じるとすごく苦しいですよね。

今日は、この「自己否定」についてお話ししようと思います。

 

 

まず、最初に結論を言っておきます。

「すべて自分のせい…」その思いは、真実ではありません。

あなたが作り出した、ファンタジーです!!

 

この世界で「自分が悪い」と思いながら生まれてくる人間は、誰一人いません。

赤ちゃんから成長していく過程で、自ら、そのファンタジーを作り出し、囚われているのです。

 

 

人は誰しも自分の信念・価値観を持って生きています。

信念・価値観は、大体5~6歳の幼少期に決まります。

そして、その信念・価値観は普段、無意識の場所にあり、自分で気付くことなく、思考や行動に影響を与えています。

 

 

幼少期に、家庭環境が厳しかったり、内向型やHSPの気質が強くて、まわりから理解されにくい、集団生活で生きづらかった人は、非常に混乱した世界で生きることになります。

 

 

幼い子どもは、自分の気持ちを、うまく大人に伝えることはできません…

知識や経験が乏しいので、自分の目の前で起こっていることを、冷静に分析・判断するも、勿論できません…

 

そうなると、その子の世界は、更に混乱に満ちたものになってしまいます…。

そして、人は混乱に満ちた世界で生きることはできません…

 

そこで、その幼い子どもはこの混沌とした状況を秩序付けるために、1番簡単で、納得できる答えを導き出します。

それが「すべて自分のせい…」と言う理屈です。

 

幼い子どもは、この苦しさは「全て私のせいで起こっている」

そうやって、現実で起きている事と、自分の苦しさを紐付けて、理解し、納得していくのです。

 

お父さんが怒るのは、私のせい。
お母さんが分かってくれないのは、私のせい。
先生が怖いのは、私のせい。
友だちにいじめられるのは、私のせい。
友だちに無視されるのは、私のせい。
学校に馴染めないのは、私のせい。

生き苦しさは、なんでもかんでも「私が悪いから…」

 

 

1つの価値観・信念が出来上がっていくと、後はそれを強化していく人生になります。

大人になっても、生活の中で何かネガティブなことを感じると…

そう考える、私が悪い。
私のワガママのせいで、困らせている。
私が弱いからだ。
私の失敗のせいで、皆に迷惑かけている。

そうすると、言動も自己否定が前提になり、実際そのような状況を引き寄せ、生きづらさは増してしまいます…

ここまで読んでどう思いましたか?

大人になったあなたは、この「すべて自分のせいだ…」という極端な理屈のおかしさに、気づくことができると思います。

 

もしタイムマシーンがあって、このファンタジーを作り出した頃の幼い自分に会えるとしたら、あなたは、その子に何て言ってあげたいですか?

 

私も長年、強い自己否定のファンタジーに囚われて生きてきましたが、今、もし私が幼い頃の自分に会えるなら…

「あなたは何も悪くない」

そう言って、抱きしめてあげたいと思います。

 

強い自己否定をどう解放していくかは、人それぞれプロセスが違います。

だけど全員に共通して言える第一歩は、まず気づいてください。

あなたは何も悪くないんです。

 

 

 

もし、その強い自己否定を手放したいと考えている方はぜひ、心の専門家であるカウンセラーと話してみませんか?

1人でやると、やり方も分からず不安が増すこともあります。

不安が増すと、続けられず永遠に自己否定のファンタジーの世界で生きねばなりません。

カウンセラーが伴走できると、安心して取り組めて、自己否定から解放される時間も早いです。

「カウンセリングってどういうことをするのかな?」そう思った方がぜひお試しカウンセリングからお申し込みください。

ご予約は、どうぞ、こちらから。

 

友だち追加