怒りの感情① ジャッジ癖は自分に返る 人を裁く人生から穏やかな人生へ

「変わりたいのに、変われない」
そういった悩みを解決に導く
内向型・HSP専門カウンセラー とうげもとこ です。


怒りに翻弄され、人を裁いている自分が嫌い…
怒りに満ちて、感情をコントロールできない自分を変えたい…

そういった悩みをもつ方は、いませんか??

実は、私も、心の勉強をする前まで、怒りに満ちた毎日を送っていました…。

 

HSPの特徴として「善良的」があげられますが、
私も調和が取れている、平和で穏やかな状態が好きなので、
何事もなければ、温厚な人間です。

 

ですが、正義感が強くて、理想像が高かった私は、
私の中の「こうすべき」「こうあるべき」がとても強固で、
私の理解不能な人理不尽な状況に出会うと、
怒りが沸点まで、一気に上昇していました。

 

【頭の中】
 「なんで、そんなことするの!?」
 「なんで、そんなこと平気で言えるの!?」
 「なんで、やらないの!?」
 「何、考えてんの!?」
 「バカにしてんの!?」
 「自分が正しいと思ってるの!?」

だけど、他人に怒り、ジャッジし、裁いていると、
結局は、自分にブーメランのように返ってきます…。

 

【頭の中】
 「私だって、正義だけで生きていなし…」
 「やれないこと沢山あるし…」
 「自分よがりの考えや、ズルさだって沢山あるし…」
 「人を非難できるほど、そんなにすごい人間じゃないし…」
 「私、何様…(凹)」

こうやって、人に怒り人をジャッジし裁くことは、
結局自分に返ってきて
自分裁きに繋がるんだなと、
身をもって経験してきました…

 

 


そして、怒りはエネルギーを消費するので、
激しく消耗して,疲れ果てて
しまいます…。

私は、怒りという感情を嫌っていたし、
何よりも怒りをコントロールできず、
他人にぶつけている人が嫌いでした。

 

なので、自分自身の湧いてくる怒りを押さえつけ
プラス
外に出さないように必死に抑圧をしていました。

【頭の中】
怒っちゃいけない
(でも、怒りがわく…)

裁いちゃいけない
(でも、あの人が憎くてたまらない…)


自分勝手な人が赦せない
まわりの空気を読まない人が赦せない
自分よがりの意見を押し付ける人が赦せない
私を軽く扱う人が赦せない

こういった自分の中にある、
強い怒りに翻弄される日々が小学生の頃から、30年近く続いてました・・・

 


時は経ち、沢山のカウンセリングを受け、心の勉強を重ね、
カウンセラーとして生活している
今、私の中の「怒り」がどうなっているかというと、
・・・怒りの感情はなくなっていません。

 

だけど、怒りに震え、
眠れない夜を過ごすことはなくなりました。

怒りに翻弄される時間が、圧倒的に短くなっているのです!

心の勉強で分かったことは、
「怒り」はなくさなくても良ということです。

なぜかと言うと、
怒りの感情は、私に私のことを教えてくえる、
大切な資源だからです。

 

怒りに素直になっていくと、私に問いが生まれます。
「何に怒ってるの?」
「私はどうしたいの?どうしたかったの?」
「どうなったら、私は満足なの?」
「怒りに身を任せることで、目的は達せられるの?」

 

こうやって「怒り」と向き合ってくると、
最終的に、怒りじゃ何も解決しない…と気づき、
そこにエネルギーを費やすことが馬鹿らしくなってきます。

 

そして、怒りを感じた出来事や人に対して、
私に、気づきを与えてくれたんだ…と、
冷静に受け止められるようになっていきます。

もちろん、私は人間として未熟な部分も沢山あるので、
すぐに相手や出来事に、感謝できるわけじゃありません。

問題の渦中に巻き込まれている時は、
怒りと向き合うのも難しかったり、
日数がかかることもあります。

でも、もう、
怒りを怖がったり、
怒りを嫌ったり、
怒りを無視したりはしていません。

 

怒りをどう終わらせていくか方法がわかっているので、
「怒っている私も悪くはないな…」と冷静な部分もあり、
結果、心穏やかにいる時間が増えてきました。


今、怒りに翻弄され、苦しんでいるあなたは、
これから、怒りと、どう付き合っていきたいですか?

もし、怒りが多いと苦しんでいる方がいたら、
怒りをチャンスに変えて行きませんか?

 

あなたの感じる感情には、あなたを救うヒントが沢山隠されています。

 

感情とうまく付き合って、
自分に優しく生きる道を、
是非、見つけて欲しいなと思います。


自分の感情をコントロールできない。
感情がよく分からない。

クライアントさんの中にはそうおっしゃる方も多いです。

感情の扱い方は、本やネットからの独学じゃ、なかなか難しいです。

ぜひ、カウンセラーと一緒に感情の上手な扱い方を知って欲しいなと思います。


友だち追加