【内向型・HSP】自分の意見が言えない人・言葉を呑み込む人は、誰も幸せにできない…

「変わりたいのに、変われない」
そういった悩みを解決に導く
内向型・HSP専門カウンセラー とうげもとこ です。


自分の意見が言えない
ついつい相手に合わせてしまう
自分が我慢すれば、うまくいくと思っている

 

そう言った、自分の本音を呑み込むことが当たり前になっている人はいませんか?

 

 

HSPの人は、自分の気持・意見を相手に伝えることが苦手という人が多いです。

 

相手の気持をの先読みが得意なので「自分の意見を言って、誰かを嫌な気にさせるんじゃないだろうか」

深い思考力ゆえに疑問が出ても「こんなこと聞いて、面倒くさい奴と思われるんじゃないか」

 

そして「相手や自分を傷つけるぐらいなら、何も言わない方がいいや…」と言葉を呑み込み、本音を隠してしまいます。

 

ですが、相手を傷つけない為、自分が傷つかない為と、よかれと思ったこの行動は、実は自分も相手も幸せにはなりません…

 

 

今日は、自分の意見を言わないことや、言葉を呑み込むことで、どんなデメリットが起きるのか、記事にしていきました。

 

 

 

 

 

デメリット①
相手に完璧に合わせるのは不可能!矛盾が増すばかり…
なによりも自分の心が不幸になる…

HSPさんは脳の構造上、相手に自分を合わせることが得意です。

相手の気持に寄り添えるのは長所ですが、それが癖になって、自分を犠牲にしてまで合わせると、それはいきすぎた同意癖になってしまいます。

そして、その同意癖は、とても危険です。

 

なぜかと言うと、相手に完璧にあわせることは不可能なので、会う回数が増えるごとに、ボロが出て、気まずい雰囲気が流れます…

集団の場合だと、誰に話を合わせていいのか分からず、居心地も悪くなっていきます…

 

つまり、あなたの居場所がどんどんとなくなり、孤独を感じる悪循環にはまってしまうのです。

 

そして、このことで傷つくのは、他でもない、あなた自身の心です。

自分の気持を無視して、抑圧された感情は、長期的に見るとあなたの自尊心を傷つけていきます。

 

 

デメリット
相手があなたのことが分からない…

 

あなたの沢山の人に囲まれて生きてます。

ですが、あなたの意見や主張が分からないと、周囲の人はあなたとどう付き合っていいのか分かりません。

 

あなたが何が得意で、何が不得意で、どういった助けを必要とする人間か、まわりが分からないのです。

 

1対1の場合では距離が近づかないし、残念ながら、どんどんと心の距離が離れてしまいます…

チームでなにかする時には、役割の振分が適正にできず、これが全体に損失を与えかねません…

 

あなたが自分のことを伝えることは、相手や全体の利益になることを忘れないで欲しいです。

 

 

デメリット③
「相手を信用してない」に繋がりかねない…

あなたが言葉を呑み込んでいること、心から同意していないことは、相手も気づいています。

 

あなたのまわりにも、こんな人はいませんか??

 良い人だけど、なに考えてるか分からない人…

 良い人だけど、なにか壁を感じる人…

 

あなたが思っている以上に、まわりの人はあなたと仲良くなりたい、知りたいと考えています。

 

あなたが本音を言わない・言葉を呑み込むという態度は、二人の間に境界線を引いてしまっている状況です。

 

相手はその境界線を感じ取って「自分は信用されていないんだな」「私と仲良くなりたくないんだな」と傷つくこともあります。

 

「誰も私の事を分かってくれない」というセリフがありますが、あなたが伝えてないんです。

 

仲良くなりたい、相手を大切にしたいなら、まずは自分のことを伝えることが、信頼になることを忘れないでください。

 

 


自分の意見が言えない
ついつい相手に合わせてしまう
自分が我慢すれば、うまくいくと思っている

そう言った方は、このデメリットを頭にいれておいてくださいね。

デメリット① 相手に完璧に合わせるのは不可能!矛盾が増すばかり・・・
       なによりも自分の心が不幸になる・・・
デメリット② 相手があなたのことが分からない・・・
デメリット③ 「相手を信用してない」に繋がりかねない・・・


自分のことを語るのは、慣れるまでは怖いかもしれません。
(それだけで、泣いちゃう人もいます)

だけど、誰に彼にも、全てを主張していかなくて大丈夫です。

 この人と信頼関係を作りたいな
 この人に私のことを知ってもらえたらいいな
 自分の居場所が欲しいな

そういう気持ちが芽生えたら、少しづつでも、自分の気持を相手に伝えていきましょう。

 

 

自分の事を話すのに慣れていない人、自分の弱さを人に見せることができない人は、もしかして、自分が受け入れてもらえなかったら…の不安があるかもしれません。

そう言った方は、まず、カウンセラーと話をしてみませんか?

カウンセラーは100%あなたの味方として話を聞いていきます。

うまく話さなくても、話しがまとまってなくても、心のドロドロを見せても、なんでも大丈夫です!

もちろん、話したくないことは話さなくて大丈夫です!

お試しカウンセリングは、気軽に受けて欲しいとの願いで、ご利用しやすい内容にしています。

ぜひ、お試しください。

 

友だち追加