HSPのためのカウンセリング(繊細さにお悩みの方)

 

 

 

 

 

こんなお悩みありませんか?

☑ 人からどう思われているか気になる

☑ 相手の気分に左右されやすい

☑ コミュニケーションや対人関係に苦手意識がある

☑ 警戒心が強い・疑り深い

☑ 争いごとを見ていると、自分までつらくなる

☑ 自分への評価がきびしく、劣等感を抱きやすい

☑ 自分さえ我慢すればと、主張ができない(良い人を演じる)

☑ 自分のことが好きになれない

 

 

HSPとは!?

上記のチェックリスト、HSPの方が感じやすい悩みですが、いくつ当てはまりましたか?

「これって、私の事かも…」

そう思ったあなたは、HSPかもしれません。

 

「HSP」とは、Highly Sensitive Person(ハイリー・センシティブ・パーソン)の略で、先天的にとても繊細な気質を持ち合わせた人を意味します。

具体的にどういう気質をもつかというと、以下の4つの特性(特性ゆえの悩み)があげられます。

 

深く考え、考え方が複雑・・・(ゆえに、悪い妄想が広がり、身動きが取れない)

過剰な刺激を受けてしまう・・・(ゆえに、神経疲れしてしまう)

感情が動きやすく共感もしやすい・・・(ゆえに、人に振り回されてしまう)

些細な事にも敏感に反応をする・・・(ゆえに、五感も鋭敏で、休まらない)

 

「共感性や感受性がとても豊か」である一方、「周囲の状況に対しての反応が過敏で、疲れやすい」という側面もあります。

 

HSPは病院で診断を受ける病気ではなく、持って生まれた気質なので、治療する、改善・完治するといったものではありません。

HSPの気質は一生変わらない物なので、カウンセリングで重視するのは「HSPの生きづらさを克服する」という所です。

 

HSPの生きづらさ・・・

HSPはその気質から、周りの空気を読みすぎてしまい、それに合わせなければと思うので、気を遣いすぎ、非常に疲れやすいです。

共感性も異様に高いので、他人の気持に同調しやすく、相手の感情がそのまま自分の感情になり、他人軸になりがちです。

なので、相手に振り回され、また、そんな自分を責めてしまい、自己肯定感が低くなってしまいます…。


敏感で繊細過ぎるゆえに傷つきやすく、けれどそれを必死で隠し、自分のことを責め、顔で笑いながらも、心で泣く…。

そういった、生きづらさを抱えている人は、実は、とても多いのではないでしょうか…

 

「このままだと、どうなるか」想像してみてください

HSPは気質なので、変わることはありません。

変わることがない気質を、変えようとすると、自己否定が根本的なものになるので、ますます生きづらさを感じていしまいます。

その「生きづらさ」を感じたまま、この先も生きていくと、どうなるでしょうか?

☑ 我慢ばかりして、何のために生きているのか分からなくて、人生がつらい。

☑ 人に気を使い、人の期待ばかりに応えて、自分の人生なのに、自分で生きている気がしない。

☑ 人の幸せを心から喜べない、それどころか、嫉妬してしまう自分が嫌い。

☑ 自分を演じ、居場所はあるけれど、誰も自分のことを分かってくれなくて孤独。

☑ 人からバカにされるのが怖くて、何かを得るために必死で、休むことができない。

☑ 劣等感を隠すために仕事・家事・育児・付き合いなど、必要以上に頑張ってしまう。

・・・あなたの、答えはどうでしたか??

 

あなたの望む人生とは、どんな人生??

自己紹介が遅くなりました。

HSPカウンセラー とうげ  もとこ と申します。 

私は長いあいだ、自分のHSPの気質を「弱さ」と思い込み、血が滲む思いで頑張って生きてきました。

先ほどの「このままだと、どうなるか」の答えは、全部、私の体験談です。

頑張って、頑張って、頑張った結果、抑うつ状態心療内科に通ったこともありました。

自分に自信を持つために、自己啓発本を片手に、資格取得・キャリアのためにお金も時間も労力も使いました

HSPの繊細さを隠し苦手なグループ活動に無理に参加し、人間関係の悩みを常に抱えていました。

自分はスタートがマイナスな人間なので、とにかく「普通」になることが一番の願いでした。

しかし、30年頑張っても普通にはなれず、頑張ることに心底疲れた私は思いました。

 

「私が普通になって、達成したいこと、感じたいものって、なんなのだろう?」

 

そして、たった1つの答えにいきついたのです。

私が幼いころから望んでいたもの、それは・・・・

「心から安心し、私が望む人生を送りたい」

それから私の人生のベクトルは「自分らしく生きるために」と、180度変わりました。

カウンセリングやセラピーを受け、私が今までどれけ歪んだフィルターで世界を見ていたのか知りました。

自分に向き合い、つらかった過去を終わらせ、いらない信念や価値観を手放していきました。

そうして、今、私はHSPだからこそ手に入れられる幸せの法則を見出し、「HSPでよかった」と、心から思っています。

あなたが望む人生は、どういう人生ですか??

 

HSPに合ったやり方を知る
感情フォーカスイメージセラピー

HSPさんが幸せに生きる方法としては、私はこの二つを提案しています。

☆HSPの変えられない気質は、ありのまま受けいれ、強みに変えていく☆

☆HSPの気質ゆえに握りしめている、いらない信念・価値観・習慣は手放していく☆

 

感情フォーカスイメージセラピーの特徴としては…

 

 

 

自分のトリセツを手に入れることがゴールです

HSPの気質を持つ人は、自分自身の取り扱い説明書(トリセツ)を手に入れることが重要です。

【トリセツがあると、カウンセリング終了後も自立して人生を歩めるようになります】

自分のトリセツがあると、自分にとって生きやすいポジションが分かります。

そこは、あなたの安全基地でもあるので、その場所を確立すると、外側で起こる出来事にも強くなります。

 

また、HSPさんは、他人との境界線が曖昧で、人からの影響を受けすぎるので、人との付き合い方がとても重要になってきます。

自分のトリセツがあると、相手との距離感(親しくなる、ほどよい距離感、放れる)の選択が容易になります。

 

あなたの、エネルギーを奪っていく人から放れる。

楽しく過ごせる人とほど良い距離感で付き合う。

あなたに深い癒し、安らぎを与えてくれる人を大切にしていく。

 

これが、HSPさんが心から安心し、幸せな人生を歩く法則となります。

 

あなたは、自分のために生きていい。
シンプルな生き方にシフトしていくために、自分のトリセツを手に入れていきましょう。

 

おためしカウンセリングのご案内

HSPの方は、カウンセラーとの相性を大切にされると思います。

なので、最初はぜひ、お試しカウンセリングをご利用ください。

 

 

 

全国対応 オンラインカウンセリングのご案内

パソコン・スマートフォンで【ZOOM】を使ったオンラインでカウンセリングしております。

お申込み後、カウンセリング開始までの手順のより詳しいご案内をさせて頂きます。
ご不明点がございましたら、お気軽にお問い合わせください。

 

対面カウンセリングのご案内(熊本市)

熊本市南区 西熊本駅より車で5分
詳しい場所につきましては、お申し込み後、ご案内をさせて頂きます。

※現在、対面のカウンセリングは女性限定とさせていただいております。

お車でお越しの方:駐車場をご用意しています。
お車でない方:西熊本駅、アクアドームバス停まで送迎いたします。
ご遠慮なくご相談ください。

 

あなたが、いらないものを手放し、
自分らしくシンプルに生きていけることを、
心から願っています。

 

よくある質問 (Q&A)

Q、自分がHSPなのか、分かりません。申し込んでも大丈夫ですか?

A、大丈夫です。
 HSPは気質であり、強さも、何に敏感に反応するかも、人それぞれです。
 また、日によって、状況によって、身体のコンディションによっても、感じ方は変わります。
 カウンセリングは診断の場ではなく、「どうありたいか・どう生きたいか」に焦点を当てていきます。
 「HSPかもしれない」と感じるところがあるならば、是非、お申し込みください。


Q、HSPは病院で診てもらえますか?治りますか??

A、HSPは病気ではありません。しかし、気質ゆえに病みやすいので、心を病む前のカウンセリングをお勧めします。

 HSPは病気ではないので、病院に行って治療する・治すといった概念ではありません(気質が変わることはないのです)
 HSPの方は、この繊細過ぎる気質のために、日常生活で心身ともにかなりの負荷がかかり、病みやすいという一面があります。
 我慢強く、耐えることが当たり前のHSPさんは、限界まで一人で悩みを抱える方が多いです。
 なので、私は心を病んで、病院に行く前にカウンセリングを受けて欲しいと強く願っています。
 病院やお薬は症状・脳へのアプローチで、カウンセリングは心へのアプローチなので、おのずと症状や脳に変化がおとずれます。
  カウンセリングでは、思考の癖に気づき、自己肯定感を上げ、自分軸で生きる土台を作る場です。
 自分の中に安定感がうまれると、驚くほど生きづらさから解放されていきますよ。


Q、子どもが不登校です。昔からよく泣く子でしたが、HSPだからですか?私の育て方が悪かったのではと悩んでいます…

A、繊細な子ども(HSC)は、集団生活が苦手です。育て方のせいではありませんが、接し方にコツは必要です。
 【HSP】の気質を持つ子どものことを【HSC】と言います。
 幼い時から、衣服の肌触りに敏感だったり、環境によって気分が左右されやすかったり、些細なことですぐ泣くと言ったことはありませんでしたか?
 HSCの子は、敏感で繊細なので、学校のような集団生活の場が苦手な子も多いようです。
 HSCの子育ては、その気質・気持ちを知り、接し方のコツを覚えることが、何より大事だと私は考えています。
  5人に1人という少数派のお子様なので、ご両親も少数派の親になる覚悟が必要です。
 しかし、子どもをの子と比較して、多数派になることを求めるより、家族みんなが幸せでいられる形を探る方が簡単なので、安心してくださいね。 


Q、何回くらい通えば、生きづらさは解消しますか?

A、回数の断言はできませんが、おためしセッションで、今後の方針、回数も提案させていただきます。
 私自身もカウンセリングを受けている時、いつまで通えばいいのか分からず、不安を覚え、困りました。
 おためしカウンセリング時に、ゆっくりとお話をうかがい、私の見立て、今後の方針を回数含めて提案させていただきます。
 無理な勧誘はありませんので、安心して、お申込みください。

Q、すごいマイナス思考です…。そんな私でも、カウンセリングを受けたら本当に変われますか?

A、生まれ持った気質は変わりませんが、生きやすい物の見方ができれば、生き方は変わります。
 まずは、なぜ変わりたいと思っているのか、どんな生きづらさを感じているのかをお聞きしたいと思います。
 HSPの方は、人が気づかないところまで気づいたり、情報を処理する力にたけ、想像力も豊かです。
 ゆえに、起こった出来事を、自分流の解釈で受け取り、それが生きづらさの原因になっていることが多いです。
 カウンセリングでは、幼少期から積み重ねてきた、いらない価値観・信念・習慣を手放し、自分の思考のくせ・感じ方を知り、対処の仕方が分かるように導きます。
 そうすると、自然と変わったと思えるご自身になっているのではないでしょうか。

Q、カウンセリングを受けるのが不安です。宗教の勧誘や、何か買わされたりしませんか?(壺・・とか)

A、ご安心ください。宗教とは無関係です。勧誘等も一切ございません。
 HSPの想像力故の質問ですね(笑)。私も今でもこの心配をすることがあります。
 私自身、特定の宗教の信仰はなく、物販等は一切しておりませんので、ご安心ください。
 むしろ「無理矢理の勧誘とか、よくできるな~」と、思う方の人間です(笑)
 また、カウンセリングでは、「適切に自分の思いを伝える方法」もレクチャーしていきます。
 この方法が身についていると、いつの日か壺を買わされそうになっても、「NO!」と言えます。
 断る自信があれば、取り越し苦労も減って、行動の制限も減っていきますよ。

Q、働いていて、平日の日中が難しいです。他の曜日、日時に受けられますか?

A、はい。できる限りの調整をしたいと思いますので、お問い合わせください。
 私は現在、夫・子ども2人と暮らしているので、基本、平日の日中に仕事をさせて頂いてます。
 しかし、1人でも多くの人に、心地よい自分の人生を歩いて欲しいと思っているので、できる限り調整したいと思います。まずは、お問い合わせください。
 

Q、対面で受けたいのですが、世間は狭いので、話がもれないか不安です。

A、カウンセラーには守秘義務がありますので、個人情報・相談内容が漏れることは決してありません。
 私自身、公務員・法律関係の仕事に従事しておりましたので、法令順守が鉄則です。
 カウンセラーには守秘義務がありますので、対面の方も、オンラインの方もご心配なくお話ください。
 また、話したくないことは、無理に話さなくても大丈夫なので、ご安心くださいね。